つなぐDIARY

国旗 Australia

ウルルツアー

Mio@QUT  -  
こんにちは。QUTに留学中の人間学部のMioです。

ブリスベンの10月はストームの季節らしく、最近は雨の日が多いです。11月になれば夏が来て、また日差しが強くなるみたいです。

9月の終わりと10月の初めにスクールホリデーで学校が10日ほどお休みでした。そのためこの期間を利用し、3泊4日のエアーズロック(ウルル)ツアーに参加して来ました!

ウルルは砂漠の真ん中に位置するため、暑い、日差しが強い、影がない、スマホが圏外で使えない…などと、かなり過酷な環境でしたが一生に一度の素晴らしい経験をすることができました。例えば、ウルルの周りを歩いたり、キングスキャニオンをハイキングしたり、寝袋を使って星空を見上げながら寝たり…。

ウルルは私の予想を遥かに超えた大きさで、本当に迫力がありました。また、風の影響なのか表面はつるつるしていて、不思議な感じがしました。ウルルは先住民であるアボリジニーにとって神聖な場所のため周囲での写真撮影が禁止されていました。そのため、遠くから撮影した写真しかお見せできないことが残念です…。日の入り、日の出のウルルには感動しました。


ウルルの近くにはアボリジニーの文化を学ぶことのできるカルチュラルセンターがあります。そこもまた撮影が禁止されていたので写真を載せることができませんが、アボリジニー文化に興味がある方はもちろん、ない方もウルルを訪れた際には絶対に訪れて頂きたいです。

キングスキャニオンは傾斜が急で、足元が悪く、一切の影が無かったため、3時間に及ぶハイキングは辛かったですが登った先でみた絶景は素晴らしいものでした。



キャンプ場は一切の電気がなく星空が本当に美しく綺麗に見えました。星が手に届きそうなくらい近くに見え、流れ星が流れるのを肉眼で寝転びながら楽しむことができました。

自然を満喫し、一生に一度の素晴らしい体験ができた4日間でした!